>>大阪の包茎手術クリニックのランキングはこちら

人気ランキング

      

※大阪の信用できるクリニックのランキングです。当サイトの一番おすすめは、ABCクリニックです。ぜひクリニック選びの参考にしてみてください。

ABCクリニック
手術料金 無料相談 仕上がり
50,000円〜
(メール)
クリニックの特徴
美容外科として実績を上げてきたクリニックで、明朗会計が特徴です。カウセリングの高さでも選ばれているから、他院と比較して選ぶ方が多くなっています。

口コミと詳細を見る>>
上野クリニック
手術料金 無料相談 仕上がり
75,600円〜
(電話)
クリニックの特徴
無料カウセリング、男性スタッフ、24時間の相談受付が可能なクリニックです。無痛麻酔や仕上がりの美しさにもこだわっています。

口コミと詳細を見る>>
皐月形成クリニック
手術料金 無料相談 仕上がり
25,000円〜
(電話orメール)
クリニックの特徴
切らない包茎手術が利用できるクリニックです。男性スタッフ、痛みを抑えた麻酔、自然な仕上がりにこだわっています。

口コミと詳細を見る>>
東京スカイクリニック
手術料金 無料相談 仕上がり
90,000円〜
(メールorカウンセリング)
クリニックの特徴
完全個室でほかの利用者と会わずに治療ができます。また、痛みを取り除く麻酔にこだわっており、痛みが弱い方は静脈麻酔で眠ったままの手術も可能です。

口コミと詳細を見る>>
東京ノーストクリニック
手術料金 無料相談 仕上がり
31,500円〜
(メールorカウンセリング)
クリニックの特徴
男性スタッフの24時間体制、カウセリング無料、学生割引などのサービスがあります。料金も分かりやすくアフターサービス無料なのが嬉しいクリニックです。

口コミと詳細を見る>>

このページのトップに戻る

      

大阪の包茎手術クリニックの比較

大阪で包茎手術を行っている信用できるクリニックをピックアップして比較してみました。

  手術料金 手術の種類 仕上がり 大阪のクリニック数
ABCクリニック 30,000円〜 ・ABC式CSカット
・ABC式Sカット
・ABC式真性包茎Sカット
・ABC式カントン包茎Sカット
2
上野クリニック 75,600円〜 ・亀頭下環状切開術
・複合曲線作図法
・修正再生術
2
皐月形成クリニック 48,000円〜 ・ナチュラルカット法
・皐月式マイクロVカット法
・皐月式マイクロ法
・切らない包茎手術
2
東京スカイクリニック 90,000円〜 ・スタンダードカット
・デザインカット
・ハイパーカット
・ハイパーVカット
1
東京ノーストクリニック 31,500円〜 ・切らずに治せる治療
・環状切開術(吸収糸)
・他院修正手術
2

比較したクリニックでは、全て男性スタッフ、カウンセリング無料が基本です。
手術料金については、各病院治療方法によって金額に差があり、切らない手術だと3万円以下、切る手術だと約5万円以上が相場のようです。
支払いについては、現金のみのところは無く、クレジットカードやローンなどでの支払いも可能なので、自分のお財布と相談して自分に合ったスタイルで支払いができます。
ぜひクリニック選びの参考にしてみて下さい。

このページのトップに戻る

      

結局どのクリニックを選べば良いのか?

ABCクリニックや上野クリニックは、全国にクリニックがあり、知名度もあり、人気もあります。
ABCクリニックをおすすめする理由は、何と言っても仕上がりの良さリーズナブルな価格です。包茎手術は、泌尿器科でも受けることは可能ですが、ツートンカラーになってしまうなど仕上がりに納得がいかない結果になることも多いです。見た目にこだわらない人ならいいでしょうが、一度泌尿器科で包茎手術を受けたけれど、手術後、どうしても気になって再度、包茎手術専門の美容外科を受診される方もたくさんいらっしゃるという事実もあります。せっかく一大決心をして受ける手術ですから、一回の手術で仕上がりもきれいで納得いくものにしたいですよね。それならばやっぱり美容形成の最先端技術で自然で美しい仕上がりに定評のあるABCクリニックを選ぶことをおすすめします。

このページのトップに戻る

      

日本人ならではのコンプレックス

「身長が低い」、「足が短い」、「太っている」、「髪の毛が薄い」、「毛深い」、「顔が大きい」など外見的なコンプレックスを持っている方もたくさんいらっしゃると思いますが、意外と日本人男性に多いコンプレックスは、「男性器の悩み」です。その中でも「包茎」で悩んでいる方は、とても多いです。日本人男性と外国人男性と比べて日本人の方が包茎が多いかと思われがちですが、実際は、元々包茎の割合は、日本でも外国でもほぼ変わらないようです。
ならば、なぜ日本人男性は、包茎であることに異常にコンプレックスを持つのでしょうか?

それには、日本人のこれまでの生活習慣が大きく影響しているようです。
まずは、日本人の入浴スタイルです。日本では、共同浴場で他人と全裸で一緒のお風呂に入るという習慣が当たり前です。そのため他人の裸を目にする機会も多く、他の人の性器と見比べて自分の性器の形が違うと気にするためじゃないかと考えられます。外国では、温泉などの共同浴場に入る際は、水着着用が当たり前なので、日本人のように他人の裸をしょっちゅう目にする機会は、ありません。そのため。自分の性器をおかしいと思うことはあまりないのです。
次に外国では、衛生上の理由、宗教上の理由などから割礼(かつれい)と言われる男性器の包皮の一部を切除する習慣があり、アメリカ、アフリカ、ヨーロッパ、オセアニア、そしてアジアでもマレーシア、フィリピン、イラン、イラクなどの中近東などで行わていて、成人儀礼として行われている国もあります。また韓国では、徴兵時に包茎手術が行われるのが習慣です。それと比べ、日本には割礼のような習慣は無く、生まれてから大きくなるまでそのままでいるため、本当は、元々包茎の割合は、日本でも世界でもさほど変わらないのに日本人に包茎が多いと思われ、それを恥ずかしいと思う人も多いのでしょう。あと友人や彼女などから指摘されてコンプレックスになったという人もいます。
包茎であること自体は、病気ではありませんが、それが原因で恋愛が出来なかったり、自分に自信を持てないのであれば、自分のためにも包茎手術を受けることをおすすめします

このページのトップに戻る

      

包茎のデメリット

包茎は、病気ではないと前述しましたが、では、どんなデメリットがあるのでしょうか?

衛生面 機能面 精神面
・臭い
・外部刺激に弱い
・外見に対するコンプレックス
・恥垢が溜まりやすい
・擦れた時、痛みを感じやすい
・自信喪失
・雑菌が繁殖しやすい
・排尿困難(真性包茎の場合)
・劣等感
・性病にかかりやすい
・早漏になりやすい
・羞恥心

デメリットは、大きく分けて衛生面、機能面、精神面の3つに分けられます。
その中でも特に衛生面のデメリットについては、男性自身だけではなく、女性にも影響を与えることが考えられるので深く考えなくてはなりません。包茎であると亀頭が普段覆われている分、恥垢がたまりやすく、雑菌が繁殖しやすいため、性病にかかる確率が高いと言われています。意識的に清潔に保とうと努力しても包茎でない人に比べるとどうしても不潔になりがちです。そのため、女性に性病をうつしてしまう可能性が高まってしまうのです。大切な彼女や奥さんを悲しい目に遭わせないためにも包茎について真剣に考えないといけませんね。

機能面については、精神面にも繋がるものが多いと思います。外部の刺激に弱い分、早漏になり、そのことは、女性とお付き合いするうえで大きなコンプレックスになるでしょう。性交時、男性と女性と感じ方に差があります。男性は、一気に上り詰める感じですが、女性は、じわじわと感じていくものです。そのため、男性が早漏だと女性は、満たされません。多くの女性は、好きな男性の前では、そんなこと思っていても口が裂けても言えませんが、内心では、「えー!?もう終わり?」って思っています。そして好きな気持ちが冷めていってしまうこともあるかもしれません。性の不一致は、よく離婚の理由にも挙げられる理由の一つです。お付き合い程度ならばいいですが、結婚して子供を作ること、将来のことを思うとその不一致を理由に別れを切り出される可能性も無きにしも非ずです。

精神面については、包茎であるために自分に自信が持てず、周りの人に対して劣等感や外見上のコンプレックスから羞恥心を持ってしまうというデメリットがあります。多くの包茎手術を決断する男性にとってこの精神面のデメリットが一番大きなデメリットと感じて、手術に踏み切っている方が多いように見受けられます。男性たるもの、外見も中身も強くありたいと願うことは、当然のことなのかもしれません。

いろんなデメリットを知ると今まで手術なんて必要ないと思っていたあなたも手術したほうがいいのかな?と思われたのではないでしょうか?
そんなあなたも彼女や奥さんのためにそして自分のために包茎手術を受けてみてはいかがでしょうか?

このページのトップに戻る