e-包茎手術大阪 TOP > 包茎について知ろう! > カントン包茎とは・・・

亀頭の出口が狭いカントン包茎

亀頭の出口が狭いため手でむいても露出しにくかったり、逆に元に戻せなくなったりします。軽度なら出口が狭いだけで特に問題はなく、衛生面に気をつけさえすれば手術はしなくて済みます。ただし、露出した亀頭を元に戻せないと、包皮口が陰茎を圧迫し亀頭が壊死することもあります。自分で戻せない状況があれば速やかに手術をしたほうが良いでしょう。

カントン包茎のデメリット

カントン包茎は仮性包茎のデメリットに加え、独自の問題も出てきます。カスが溜まって不衛生になったり、性病にかかりやすいなどの問題が起こりやすいのですが、仮性包茎よりも亀頭が露出しにくいため汚れが蓄積しやすくなっています。また、亀頭が露出して戻せなくなればうっ血して激しい痛みを感じます。それが元で性生活に消極的になる方もいます。

このページのトップに戻る