e-包茎手術大阪 TOP > 包茎について知ろう! > 包茎手術を受けた方がいい人

真性包茎は手術が必須

真性包茎の場合は亀頭が露出しないため、様々な問題を抱えやすく手術は必須となります。性器が不衛生になって感染症を引き起こすだけでなく、癒着や癌にも繋がる恐れがあるからです。また、射精しても子宮に精子が届きにくく、癌の原因にもなりやすく、20歳前後になったら手術を受けるようにしましょう。子供の頃は誰でも真性包茎のため、ある程度からだが成長するまでは様子を見るようにしてみて下さい。

カントン包茎で亀頭が戻らないとき

カントン包茎で亀頭を露出させてみて、それが元に戻らなくなれば手術が必要となります。亀頭の根元が圧迫されて痛みや圧迫感を感じている場合は、血流が悪くなって最悪壊死することもあるからです。カントン包茎だと思われる場合で露出しにくいなら、無理に自分でやろうとせず手術を選択してみて下さい。また、仮性包茎でもEDとなり性生活に問題があるなら手術しましょう。

このページのトップに戻る