e-包茎手術大阪 TOP > 主な包茎手術の方法 > 環状切開術

環状切開術とは

環状切開術とはペニスをぐるっと切開する方法です。一般的に行われている手術方法で、余っている皮を切除することで亀頭が露出しやすいようにします。勃起時の突っ張り感がなく、感度がある部分を残すため手術後の勃起不全や不感性が気になる方は選択すると良いでしょう。泌尿器科でも採用されている方法で、縫合糸を体に自然と吸収されるタイプを利用すれば、抜糸の必要もありません。また、比較的経験不十分な医師でも手術が可能な方法です。

環状切開術のメリットとデメリット

この手術のメリットはペニスを伸ばした状態で余分な皮を環状に切除するため、突っ張り感が少ない方法です。ただし目立ちやすい箇所で切開と縫合をするため、ツートンカラーになりやすいといわれています。皮膚の微妙な色の違いによって、縫い合わせた跡が最初は目立ちやすいのです。傷跡は時間と共に馴染むとはいっても、色が変わるのを避けたい方は違う方法を選択するとよいでしょう。

このページのトップに戻る