e-包茎手術大阪 TOP > 主な包茎手術の方法 > 背面切開術

背面切除術とは

ペニスの背面のみにメスを入れる方法で、比較的軽度の包茎に利用することが多くなっています。背面の皮膚を縦切開し、横方面に縫合すると亀頭が露出しやすくなります。他の手術方法と比べても切開部分が少なく傷の治りが早く、縫い合わせた箇所もあまり目立ちません。また、真性包茎やカントン包茎で利用すると切除する箇所が少なく、軽度の仮性包茎に近づけることもできます。治療が必要なものなら保険が適用されます。

背面切除術のメリットとデメリット

この手術は比較的簡単で傷跡が残りにくいメリットがあります。デメリットは包皮を切除しないため、手術後に皮が余ってしまったり見栄えが悪くなることもあります。切除部分が少なくて良いように思いますが、皮の状態によっては違う手術のほうが良い場合もあります。また、皮を切除する方法もありますが、単に切開するのみでは真性包茎が仮性包茎になる程度のこともあるため小児の治療としてよく利用されている方法です。

このページのトップに戻る