e-包茎手術大阪 TOP > 主な包茎手術の方法 > 亀頭直下埋没法

亀頭直下埋没法とは

亀頭直下埋没法とは、亀頭の下で切開する手術方法です。最近は最も多く行われている方法で、傷跡が残りにくいことから選択する人も増えています。勃起時を想定し包皮を切除するため、皮が足りなくなって突っ張り感を感じることはありません。主に美容形成外科で行われている方法で、手術後の見た目の美しさをこだわるならこの方法を選択すると良いでしょう。

亀頭直下埋没法のメリットとデメリット

この手術の方法は傷跡が目立たないやり方ですが、手術方法によっては亀頭直下に色の境目ができてしまう場合があります。裏筋を残すやり方、裏筋も切除してしまう方法とがありより自然に見せたいなら医師によく相談すると良いでしょう。また、切除箇所は複雑になりやすく術後の傷の回復がしっかりするまで、セックスが禁止されるなどのデメリットの部分もあります。この方法は医師の技量にも左右されます。

このページのトップに戻る