e-包茎手術大阪 TOP > 主な包茎手術の方法 > 複合曲線作図法

複合曲線作図法とは

複合曲線作図法は一人一人のペニスの形を把握し、手術をデザインする方法です。単に真っ直ぐに余っている皮を切除しただけでは、部分的に突っ張り感が出てしまったり、ペニスが反るなどのデメリットが生じてしまいます。それを無くすために個人ごとのデータを取り、勃起時の違和感や不自然さを少なくできます。、また、縫合した部分が曲線になるため傷も目立ちにくくなります。

複合曲線作図法のメリットとデメリット

メリットは一人一人の患者さんに合わせたオーダーメイド手術が可能な点です。皮の余り方や勃起した状態を精密に計算し、自然なラインを作っていきます。デメリットは切除部分が曲線となるため手術時間が長くなりやすく、現在では上野クリニック以外では受けられません。他のクリニックでも違う名前であるかもしれませんが、一般的には採用されていません。遠方の方は来院のデメリットが出てきます。

このページのトップに戻る