e-包茎手術大阪 TOP > 主な包茎手術の方法 > PPレザー治療法

PPレザー治療法とは

切除をレーザーを用いるため、通常の手術方法よりも傷跡が滑らかで出血が少なくて済みます。亀頭の下をレーザーを使って切除するため、傷跡が隠れやすく術後の傷が目立ちにくい方法です。レーザーは細かな切除が可能で、性感帯を残せば感度が落ちることはありません。ただしレーザーを採用しているクリニックは少ないため、地域によっては利用することができません。

PPレザー治療法のメリットとデメリット

切除は亀頭下のため傷跡は比較的残りにくいのですが、レーザーは皮膚を焼き切るため手術方法によっては接合部分が目立つことがあります。どのようなリスクがあるかは医師とよく相談の上利用しなければなりません。また、一般の方法と比べると費用は割高になります。熟練した医師のもと手術をする必要があり、利用できるクリニックも限られています。

このページのトップに戻る