e-包茎手術大阪 TOP > 主な包茎手術の方法 > クランプ法

クランプ法とは

クランプ法とはクランプと呼ばれる器具を亀頭にかぶせる方法です。本来は幼児の手術方法として開発されたものですが、大人にも古くから行われてきました。ガイドを利用し手術をするため経験の少ない医師でも対応することができます。ただし現在では傷が目立ちやすいなどのデメリットから利用されない傾向が出てきています。修正手術を利用した方もこの方法で傷が目立ったケースが多いといわれています。

クランプ法のメリットとデメリット

メリットは器具を使うため高度な技量を必要しないことです。ただしこれは医師によるメリットであり、現在は傷跡が目立ちやすいことから行われることは少なくなりました。器具により圧迫された部分が盛り上がったり、色の境目が目立ちやすいデメリットがあります。費用は比較的安価にて短時間で手術は終わるのですが、デメリットのほうが多いため仕上がりの美しさを求めるクリニックでは採用していません。

このページのトップに戻る