e-包茎手術大阪 TOP > 主な包茎手術の方法 > 切らない包茎手術

切らない包茎手術とは

切らない包茎手術とは一般的に包皮を縫合し亀頭が露出する癖をつける方法です。軽度の仮性包茎の人に利用できるもので、切らない・縫わない・回復が早い・費用が安いのがメリットです。ただし包茎の具合によっては仮性包茎が多少良くなったくらいだったり、場合によっては糸が切れて元に戻る可能性もあるといえます。症状が軽度の方や、剥けやすくするという意味で使うとよいでしょう。

切らない包茎手術のメリットとデメリット

メリットは費用が安い、傷跡が残りにくいなどの点でしょう。糸を取れば元に戻すことも可能で、切除する包茎手術と比べると考えが変われば元通りにできるといえます。デメリットは真性包茎やカントン包茎は利用できず、仮性包茎でも症状によってはあまり効果が持続しない場合もある点です。年齢と共に皮が余ってくれば再手術が必要で、若い人のほうが効果が現れやすい方法です。

このページのトップに戻る